フィルスタコースのブログ

中央学院大学 法学部 フィールドスタディーズコースの情報を発信するブログです。

先日の1月17日から18日にかけて、本学も会場となって第1回の大学入学共通テストが行われました。本学では約600人の受験生が試験を受けました。
03
大学入学共通テスト当日の中央学院大学
全国一斉に同時間で行われる試験で、ミスは許されません。十分に予行演習などをして臨みましたが、おかげで本学会場では問題なく無事に2日間の日程が終了しました。

1月21日、今年度の通常授業がすべて終了しました。
年度始め、新型コロナウイルスの蔓延で入学式も中止となり、授業開始も延期という状況。どうなるかと思いましたが、慣れない遠隔授業も何とか対応し、通年30週にわたる授業を無事に終えることができました。
学生の皆さんもしっかりと遠隔授業に取り組んでくれました。
自粛自粛で部活動もできず、辛い人も多かったと思いますが、私の担当したゼミの皆さんは1年生から4年生まで、全員脱落せずしっかりと授業を受けてくれました。
4年生のゼミ生の中からは、千葉県知事賞優秀論文に推薦する法学部候補になったゼミ論文を書き上げた学生も出ました。残念ながら他学部のものと競って、大学代表としての論文にはなりませんでしたが、4年生は皆それぞれ新しい発見となるゼミ論文を書いてくれました。
01
対面授業の一コマ
1年生のゼミ生も、遠隔授業ばかりで友だちもできず、最初の頃はそれぞれ孤立した環境にいました。
しかし、Zoomゼミの中で雑談する時間を取って自由に語り合える雰囲気をつくっていくうちに、みんな打ち解け、家が案外近いこともわかったりして、急速に仲良くなっていきました。友だちがいれば、心強いし、互いに刺激しあって勉強にも意欲が湧いてきます。後期のゼミでは社会問題を取り上げて各自が毎週順番に報告してもらう授業をしましたが、活発な質問や討論もできて、それぞれすぐれた発表をしてくれました。1年間でこんなに成長したんだ!と実感させられる場面でした。
02
貴重な対面授業の1年ゼミの日、やっと恒例の薪集めをしました
4月からどうなるか、まだ感染状況次第ではわかりませんが、現在のところ授業は対面を基本とする方向で考えられています。

01
新型コロナ感染の拡大でオンライン授業が続いてきた今年度、後期に入って本学でも直接対面でできる授業が始まりました。1年生の基礎演習もその対象になりましたが、全学のゼミを順番に割り当てていたため、わがゼミは11月18日が初回となりました。

今まで画面を通してしか会ったことのなかったゼミ生たちが、初めて顔を揃えました!
そして初めての顔合わせとなれば、当然わがゼミでは「焚き火茶会」です!
03
マッチもほとんど擦った経験がない現代っ子。まして火を焚いて湯を沸かすなど、生まれてこの方したことがないのが当たり前です。
しかしその当たり前は早々に克服しなくてはなりません。災害があっても火を焚いて生き残れるたくましさ、そして安全に焚き火をするスキルを身につけていないといけません。
…というわがゼミの基本方針に則って、この日は学内の庭で焚き火の実践です。

屋外ではありましたが、感染には注意。作業の前後には手指のアルコール消毒、そして飲み物などを口にするとき以外はマスク着用です。

季節外れの暑いほどの好天の中、以前の先輩が手作りしたロケットストーブを持ち出し、これまた先輩ゼミ生が集めた近所の枯れ枝を燃やして湯を沸かします。
02

毎年のことですが、ここでゼミ生たちの個性が出ます。積極的に火をつけたり枝をくべたりと手を出す学生。一方であれやこれやと口だけ出して何もしない学生、にこにこしながらひたすら傍観に徹する学生…。これも毎年の光景で面白いものです。
09

無事に20分ほどで2リットルの湯が沸き、紅茶のティーバッグを投入。ここでティーバッグの取り出し方を知らない学生がいるのにびっくり。うーん、時代はそこまで来ているか。
「やったことないの?」「小さい頃からそれはばあやがやって、オレは差し出されるだけだったんで」さらっと言ってのける饒舌なジョークに、ようやく顔を合わせられた嬉しさがにじみ出ているようでした。
04

用意したお茶菓子(学事部次長さんからもお菓子の差し入れをいただきました。ありがとうございます!小さな大学ならではのこの顔の見える関係がいいですね!)に加えて、学生の中にも、みんなのお茶の友になるものを用意してきてくれた人がいました。気が利く!
08

できあがったお茶で「かんぱ~い!」。年度始めに学生証を受け取りに来て以来2度目の登校という学生も多くて、大学で全員が揃うのは初めてでしたが、どの学生も、ようやくキャンパスでの大学生活を実感できたのではないかと思います。
07
06

楽しいひとときはあっという間に終わり、みんなで片付けをして、無事に焚き火茶会は終了しました。
今年もあとわずかですが、残りのゼミも有意義に過ごしましょう!


昨年に続いて、今年も本学法学部では教員採用試験の合格者を輩出しました。

今年の合格者Oさんは、女子バレー部の主将を務めているフィルスタコース所属の学生です。
ほんわかと温かい人柄は、周囲をホッとさせる雰囲気をもっています。少しくよくよと悩みすぎるところもありますが、そのまっすぐな真面目さが、友人達からも信頼を得られる証しになっていると思います。

2年次のテーマ演習では、夏合宿・冬合宿で田舎体験や農業体験をし、仲間たちと楽しく貴重な経験を積んできました。3年次からは歴史系のゼミに入り、過去に向き合う勉強をするとともに、また我孫子市の平和事業推進市民会議の委員を務め、市内の中学生を被爆地長崎に引率する役目を果たすなど、学内での活動に留まらない社会的な活動を行ってきています。教育実習でも、3週間で20時限以上教壇での授業を経験し、実践的な研鑽を積んできました。大学4年間を通して、まさに教員としての糧になる多彩な勉強・体験をたくさん積んで、さまざまな知識・技術を身につけてきたわけです。本コースでの学びの1つ1つが教職へのステップになったのだと思います。
実習中
高校で教育実習中のOさん
フィルスタコースでは、中学や高校の社会科系教員を卒業後の進路の1つとして想定しています。法学を基礎にしながら、法律の背後にある実社会の成り立ってきたいきさつ(歴史)や、現在の社会の姿(地理・公民)を幅広く知り、考えることで、社会科系の教員に求められる素養を身につけることができます。フィルスタコースを担当している教員も歴史や地理を専門とする教員であり、その意味では本コースでの学びは教員への近道といえるでしょう。
Oさんは来年春から千葉県内の中学校で教壇に立つことになります。

↑このページのトップヘ